引っ越し時の家具について

ヨーロッパ在住です。昨年の初めに、新築のアパートを購入し、それまで居候していた夫の母の住まいから引っ越しました。 義母の知り合いから「いらない家具があるから、欲しいものがあったらあげます」とありがたい申し出があったので、見に行きました。 その方は50代の男性で、離婚歴があり、離婚後はご両親と同居されていたそうですが、最近新しく彼女ができたので、その彼女と一緒に暮らすことになったらしく、それまでの家具はいらない、ということでした。 実はその彼女が義母の隣人だったわけですが、その女性は『半年ごとにパートナーが変わる』ということで、有名な女性でした。 それでも、冷蔵庫と収納庫、ローテーブルをいただくことにして、入居可能になるまでは預かっていただくようにお願いしました。 その後、問題なく入居日を迎え、友人の手助けもあって無事に冷蔵庫とその他の家具を引き取りに伺いました。 新しい住まいに慣れたころ、義母の家に遊びに行くと、偶然例の男性を見かけました。 なんだか元気がないな、と思っただけで特に話もせず通り過ぎたのですが、翌日義母から「あの二人、とうとう別れちゃったのよ」と聞かされたのでした。 今更「冷蔵庫お返ししましょうか?」とも聞けませんが、なんとなく申し訳ない気分になりました。

アーカイブ
オススメリンク

日本ソフトウェアデザインはことならここへ
不動産担保の融資はこちらがおすすめ|リュウプランニング
家具や本棚通販です;エンジョイホーム
看板をお探しならここ:美さいん
シェアハウスの大阪で生活してみませんか:アニモ企画

私が一人暮らしをはじめて感じた事。

私は20代女性です。 もともと実家から離れる気もなく就職してからもしばらくは実家で過ごしていましたが転職を機に一人暮らしを始めました。 金銭面に関してシビアな私は家賃は捨て金のように感じていたので極力安い家に住みたかったのですが自分の理想より一万円ほど高い5万の家賃の家に住んでいます。 でも惜しいなということがあり引っ越して半年くらい経った時に近くの不動産屋で自分の住んでいるマンションで全く間取りが同じ部屋が家賃が五千円ほど安かったのです。 分譲賃貸らしかったのですがすごく惜しい事をしたなと思います。 そして更にショックなことが起こり家の前に建物が建ち全く日光が入らなくなってしまったのです。 住む前のチェックが大事だなと今回の物件で感じました。 まだ引越しの事は何も考えていないですが、次に引越しするときは入念に住みやすいところか調べようと思います。 あとベランダに洗濯機を置くスペースがなく部屋に洗濯機を置くような造りになっているのでその分スペースが狭くなってしまっているのも難点です。 でも玄関はある程度広くて押入れのような物置スペースがあるのでそこは利点だなと思います。 友人の家が収納のない家で服など季節ごとに持ち運びしないといけないみたいでそれが面倒だと言っていました。

引っ越してきて始めて分かること

私は今住んでいる家を不動産屋で探し出しました。いろいろな家を見て回って、そのうちの二つで悩みました。一つは三階建てで家も広かったのですが、その家にたどり着くまでの坂道が急すぎて、車であっても登るのに一… Read more

女性が賃貸物件の収納で気をつけること

賃貸物件を探すとき、頭を悩ませることのひとつに収納スペースの確保という問題があります。
不動産屋で間取りを見せられたところで、学生や社会人なりたての人、これから一人暮らしを始める人には果た… Read more

賃貸と家を買うということ

アラサーにもなってくると、家を買うことが視野に入ってきます。
なぜなら、賃貸でずっと住んでいても手元に残るものが無いからです。
例えば、いま現在住んでいる賃貸物件を例えに計算し… Read more